ギモン解決!よくわかる電話占い

ホーム > 電話占いのポイント > 電話占いをスムーズに進めるポイント

電話占いをスムーズに進めるポイント

占いは昔から世界各国で行われており、占い方法や用途は国や地域により様々です。
日本でも古くから占いは使われており、昔は大切な物事を決めるときにも、占いで決めている時代があったほどです。
近年では、占いは娯楽や趣味の一つという気軽な考え方をする人が大半であり、占い方法や占い師も数えきれないほどになりました。
そんな今の時代だからこそ、人気を高めているのが電話占いです。
電話で占ってもらえることで、わざわざ占い師のもとに行く必要がなく、顔も合わせないので気軽に好きなタイミングで占ってもらえるとし、若い女性を中心として人気を高めています。
しかし一口に電話占いといっても、豊富な占い先があるので、信頼できるところを選ばなくてはなりません。
それと同時に、ある程度流れをしっておくべきです。


電話占いでスムーズに占ってもらうためにも、まずは占ってもらいたい内容や、質問をまとめておく必要があります。
何を占ってもらいたいのか明確に伝えることができないと、占い師も占いが開始できずただの悩み相談になってしまいかねません。
そうなれば、お金の無駄になってしまうので、あらかじめまとめておき紙に書き出しておくようにしましょう。
恋愛や友人との関係など、相手がある悩みを占ってもらいたい場合には、相手の氏名や生年月日などが必要な情報となることもあるので、できる限り調べるというのもスムーズに占ってもらうための準備の一つと言えます。
中には相手の情報は不要という占い方法もあるので、事前に確認しておくと無駄な労力を使わずに済むこともあります。
占われる側にも準備が必要ということは、頭に置いておきましょう。


占ってもらっている中で、話を聞いても理解できなかったり、疑問が湧いてしまうというのはおかしなことではありません。
その際には、しっかりと質問をして疑問の解決をしておくこともポイントとなってきます。
占ってもらっている間を録音しておくというのも、電話占いをする上で重要なことの一つと言えます。
占ってもらっている最中は、自分の話をして占い師に聞いてもらうのに必死になりがちで、占い師のアドバイスや助言があまり耳に入ってこないということは珍しくはありません。
占ってもらった後から思いかえそうとしても、内容を思い出せないとなれば意味がないのではないでしょうか。
その際に録音しておけば、後からゆっくり聞き返すことができるので占い師が何を伝えたかったのかも、冷静に聞くことができます。

次の記事へ