ギモン解決!よくわかる電話占い

ホーム > 電話占いのポイント > 電話占いのメリットとデメリット

電話占いのメリットとデメリット

電話占いのメリットとして、まず深く悩んだ時に即座に鑑定してもらいやすいことがあげられます。
自分自身の視野に入れるべき道に思い悩んだら、いち早く占い師に対して相談することができるのが電話占いのアピールポイントです。
予約が求められる先生もいるわけですが、電話という簡便性もあり、自宅にいながらでも勤め先の昼休みでも、一瞬にして鑑定してもらえるのはユーザビリティが高いといえます。
時間帯に関しても深夜まで実施しているところが非常に多いので、時間を意識することなく使用することができます。
また、プライバシーが保たれることもメリットです。
駅ビルなどの対面占いは、パーテーションを活用することによって仕切られているのみで、隣の声がまる聞こえも少ないとは言えません。
ところが、電話占いなら完全プライベートといえます。
周辺の環境を意識することなく、本腰を入れて相談に応じて貰うことができます。


また、顔の表情が見えないので言いにくいことも対話しやすいこともメリットになります。
不倫など、対面で話すのは気後れする悩み事であろうとも、顔の表情が見えない電話占いになると、スムーズに対話しやすい場合が多くあります。
たとえば自宅のソファで寝ながらなど、落ち着きを取り戻した状態で電話ができ、本心を話しやすいというのもアドバンテージといえます。
一方デメリットとして、電話で迅速に相談することができるので占い師に任せてしまいがちです。
電話占いが身近なのはアドバンテージですが、度を超すと頼りっきりになることがあります。
小さい悩みでもすぐ電話を行なって、アドバイスを仰ぐことは自身のためになりません。
依存する可能性が大きく、電話のサイクルが多い方は注意する必要があります。


気がつけば時間が超過してコストがかさむこともデメリットとしてあげられます。
電話を入れて喋っていると、ついつい時間が流れるのを忘れ、気が付かない間に金額が膨らんでいたという問題が発生することがあります。
業者によっては、申込みのさいに伝えておいた時間の上限をオーバーした場合知らせるサービスがあります。
たとえば、占い師へ繋がったら、まず時間をあらかじめ伝えておくのがいいでしょう。
さらにデメリットとして、占い師の水準が安定しないこともあります。
十分な経験のある占い師からタロットをマスターしたての新参者まで、真の実力に幅が見られるのが電話占いの現実の姿といえます。
その訳は、面と向かって鑑定する前に、さしあたって電話で経験を積み重ねるという風潮があって、キャリアが浅い占い師の訓練の場として、電話占いが活用されることがあります。

次の記事へ